投球術を磨いてもっとピッチャーを楽しく

ピッチングの中でも変化球に特化したブログです。

【元ダイエー・西武工藤さんのカーブ】カーブは親指で押し出せ!

みなさん、こんにちは!
akiです。

今回は
【元ダイエー・西武工藤さんのカーブ】
について書いていきます。

工藤さんは
ダイエー・西武のエースとして
最多勝最優秀防御率最多奪三振のタイトルを獲得しました。

そんな工藤さんの活躍を支えた
「カーブ」について書いていきます。


指の弾く力が大事


ということをあなたは知っていますか?


これが理解できれば
あなたは、


一度浮き上がってから
ブレーキが効いて急降下するカーブを
投げることができます!



逆に理解しなければ


曲げようとして
手首を無理に捻り
ストライクが入りません。


それでは今から
具体的に説明していきます!


「ブレーキの効いたカーブが投げられない」
そう悩んでいる人は多いと思います。


なぜか、考えたことがありますか?


「フォームと合っていないから」
「指が短いから」


そう考えたこともあると思います。


しかし、ブレーキが効かない理由は
「指で弾けていない」
からです。


工藤さんのカーブは

手首を捻ったり
曲げようはしません


中指と親指で
弾く意識
です。


そうすることで

ボールに回転がかかり

ブレーキが効きやすくなります。


工藤さんのカーブは
中指と親指を
対角線の縫い目にかけます。


人差し指は
中指の横に添えます。


ボールをリリースするときに
親指で押し出すように
弾き出します。


そしてカーブを投げる時の
イメージとして
ストライクゾーンを
斜め上に向けて
立体的に考えます。


カーブは
他の球種と違い
上から落ちるボールだからです。


実際に投げてみて
ややスライダー気味になりました。


立体的なイメージが
足りなかったのかなと
思います。


もしカーブが
「変化しない」
「捻ろうとしてコントロールできない」
という人はぜひ試してみてください!


これができれば必ず、
ブレーキの効いた
カーブを投げれるようになります。


「指で弾く」ことで
回転をかけて
投げるからです。


これができればあなたも、


カーブで
三振を量産するピッチャーになれます!


興味を持った、実践してみたいと感じた人は


今すぐ
握り方を確認しましょう!


人はすぐに忘れてしまうので、
すぐに行動することが

すごく重要です!


あなたもこれで変化球マスターになりましょう!