投球術を磨いてもっとピッチャーを楽しく

ピッチングの中でも変化球に特化したブログです。

【元中日岩瀬さんのスライダー】中指でねじ込め!


みなさん、こんにちは!
akiです。

今回は
【元中日岩瀬さんのスライダー】
について書いていきます。

金子投手は
中日ドラゴンズの中継ぎ・抑えとして
最多セーブ最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得しました。

そんな岩瀬さんの活躍を支えた
「スライダー」について書いていきます。


スライダーは中指でねじ込む


ということをあなたは知っていますか?


これが理解できれば
あなたは、


消えると称されるスライダーを
投げることができます!



逆に理解しなければ


曲げようとして
投球フォームでわかる
スライダーを狙い打ちされます。




それでは今から
具体的に説明していきます!


「スライダーで空振りが取れない」
そう悩んでいる人は多いと思います。


なぜか、考えたことがありますか?


「ストレートのキレがない」
「曲がり幅が小さい」


そう考えたこともあると思います。


しかし、空振りが取れない理由は
「曲げようとしている」
からです。


岩瀬さんのスライダーは
手首を捻ったり
曲げようとしません


中指でねじ込む
ようにして投げます


手首を捻って
曲げようとはしません




岩瀬さんのスライダーは
中指を縫い目にかけます。


人差し指は
中指の横に添えて
親指は
対角線にある
縫い目にかけます。


曲げようと
手首を捻ったりせずに
ストレートと
同じ腕の振り
を意識します。


リリースする時に
縫い目にかけた
中指でねじ込むようにして
回転をかけます。



実際に投げてみて
カーブに近い軌道になりました。


岩瀬さんのような
横に滑るボールではなく
大きな弧を描くような
ボールになりました。


親指の位置を変えると
スピードも出て
横の変化に
なるのではないかなと思います。


もしスライダーが
「変化しない」
「空振りが取れない」
という人はぜひ試してみてください!




これができれば必ず、
消えるスライダーを
投げれるようになります。


「中指でねじ込む」ことで
回転をかけて
投げるからです。


これができればあなたも、


スライダーで
三振を量産するピッチャーになれます!


興味を持った、実践してみたいと感じた人は


今すぐ
握り方を確認しましょう!


人はすぐに忘れてしまうので、
すぐに行動することが

すごく重要です!


あなたもこれで変化球マスターになりましょう!